新ハリアナ印象派ブログ

新しい「ハリアナ印象派」のブログができました。
こちらの「旧」も参照のために残します。
[PR]
# by pinhole_toshi | 2005-03-12 06:41 | アナウンス

ブログ移転の予告

自ドメイン(http://www.toshi-photo.com)内に、ブログを新設し、「ハリアナ印象派」を移転します。
早ければ来週初めには、移転が完了します。本ブログはそのため、名称に「旧」をつけています。
これからは、もっと掲載密度を高めるつもりです。よろしく。
[PR]
# by pinhole_toshi | 2005-03-10 09:27 | アナウンス

ランド・ツボイ 写真追加

a0032019_22214016.jpg

船橋市の坪井の森がすっかり無くなってしまった。1年ぶり位で、サイクリングで行ったが、日大前駅横から入って、春はスミレを摘んだりした深い森が、何にも無くなってしまった。代わりに新しい北側の駅舎ができていた。駅前の森を切られた造成地は、雨上がりでぬかるんでいた。ウェットランドのテーマにはぴったりの一枚だが・・・・失ったものが悲しい。

a0032019_10461544.jpg

造成地の土は異国の風景のようだった。
a0032019_10463377.jpg
a0032019_10464554.jpg

[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-12-07 22:26 | ピンホール写真

朝の散歩(近所の踏切)

10月2日早朝、近所の京成の踏切付近を散歩、Zero2000にミニ三脚のみで撮りました。
a0032019_22573041.jpg

踏切へ上る段(古い枕木)の横から、キノコが出ていました。撮影していると、踏切から降りてきた小母さんが、綺麗ね、と言って通り過ぎました。


a0032019_22575238.jpg

小さい草が健気に朝日に影を落としています。古い枕木で作ったガードは落ち着きます。
でも、この踏切はあと1年ほどの命です。高架が完成するからです。


a0032019_2258731.jpg

朝日に光るレールです。土曜の6時半くらい。といっても結構電車は頻繁に通るので、撮影はタイミングが大事です。



a0032019_22582929.jpg

踏切を降りて土手際の下に、一度刈り込まれた草から新芽が一斉で出て、朝日に美しく映えていました。こんなさりげない風景が大好きです。
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-10-12 23:08 | ピンホール写真

松ボックリと人形

a0032019_20104481.jpg

散歩に行こうと、玄関前で家内を待っているときに何気なく撮りました。この松ボックリは、一昨年秋に南仏へ行ったとき、サン・レミのゴッホが入院していた病院の庭から、家内が拾ってきました。人形は誰にもらったのか、(或いは拾ったのか)忘れたそうです。
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-09-23 20:14 | ピンホール写真

船橋のグループ展にアメリカから見に来てくれたジョン

a0032019_943351.jpg
今日、19日で終了する、三咲・高根合同写真展に、3点出品していた。昨年の南欧と違い、船橋のなんの変哲もない風景(普通じゃ見過ごす)風景を、ピンホールで切り取った、「フナバシ・ウェットランド」(奥の壁の三枚)。意外と好評だった。


a0032019_9435341.jpg


アメリカのオハイオ州コロンバスからジョンが見にきてくれた。ジョンは3年前まで、船橋市のプログラムで、オハイオから3年間、船橋の中学や小学校に英語を教えるために来ていた。たまたま僕のHPを見つけ、船橋が懐かしく、僕の作品も見たいとのことで、上海の友人を訪問した帰り、寄ってくれた。
1時間ほどいろいろ話した。船橋のこと、コロンバスのこと、中国のこと。とても楽しい時間だった。いつか、彼を訪ねてコロンバスへ行ってみたい。
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-09-19 09:52 | 写真展

小屋のタマネギ

a0032019_6284781.jpg
農家の小屋の壁際にタマネギがぶらさがっていた。
本来、こういう被写体はピンホール向けではない。レンズで4x5等で緻密に描写(根のひげまで一本一本を出すとか)するのが普通だろう。だが、あえて、このような被写体を僕はピンホールで撮る。ピンホール独自の味わいを信じるので。(撮影:2004年8月 茨城県 Zero2000 PX)

「君の写真はピンホールらしくない写真だ」、と、4年前に佐々木昆さんから言われた。ピンホール写真というと、ぼやっとして周辺が丸く暗く落ちていて、または動きがあったり、いわゆる・・という固定概念が昆さんにあるのだろう。その時、北井一夫さんが昆さんに反論し、、議論になった。北井さんは僕のピンホールを評価してくれているからだ。長幼の序から北井さんは昆さんを完全に否定はしなかったが、固定概念にとらわれるのは、どんなジャンルのアートでも危険である。
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-09-18 06:43 | ピンホール写真

栗田紘一郎写真展(写大ギャラリー)

a0032019_1945449.jpg昨日、16日、写大ギャラリー(東京工芸大中野キャンパス)にて、栗田紘一郎写真展のオープニング・レセプションが盛大に行われ、私も招待されていたので参加した。
 氏とお会いするのは、昨年、氏のNYのアトリエ兼ギャラリーで個展をさせていただいて以来、1年3ヶ月ぶりの再会だった。レセプションは、同大名誉教授で同ギャラリー顧問の、細江英公氏が挨拶と栗田氏のプロフィールを紹介、それから、栗田氏本人が、写真(携帯カメラ)のように、挨拶をした。

 作品は自然を氏の哲学的視点から切り取った、8x10の作品を、全てプラチナプリントで作成している。

 写真展は、写大ギャラリーにて10/28まで行われている。詳細は、こちら
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-09-17 19:52 | アナウンス

toshi-photo.comに夏のハリアナ新作19点アップしました。



昨年8月に撮った浅草のハリアナ・スナップ(雷門の大提灯が修繕で外されていた珍しい時期)を14点、今年、横浜で撮った5点を、CityScape in Summer として、ホームページに新規公開しました。

トップページは こちら
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-09-14 23:25 | ピンホール写真

グループ展の案内(船橋)

a0032019_22151032.jpg9/14より9/19まで船橋市市民ギャラリー(スクエア21ビル3F)にて、グループ展をします。全紙額でピンホール作品を3点出品します。19日の午後は会場にいる予定です。


a0032019_22152962.jpg
[PR]
# by pinhole_toshi | 2004-09-07 22:22 | 写真展